MENU

須田景凪 「MOIL」 「歌詞」

思い出すのは砂を噛む様な
茹だった焦燥と幼い白昼夢の続き



TOP 1 日本


須田景凪 「MOIL」 「歌詞」

思い出すのは砂を噛む様な
茹だった焦燥と幼い白昼夢の続き

今となってはあの感触も笑えるほど
するり 手からこぼれてしまった

故に永遠に無垢を望み
雲間にまた目が向くのは何故

大人になった 大人になってしまったみたいだ
左様なら 違う世界に交わる 雲にでもなりたい
明日がいつか 記憶になって 些細な言葉になる前に
今、募るこの想いを あなたへと伝えたい



どんな形で
どんな言葉で
どんな明かりで照らせば

「あなた無しでは意味がない」
など感情は盲目だ 尚更また膨らむ欠落

生きていく度 より鮮明に
胸の底で別れが育つ様な気がした

故に懸命に腕を伸ばし
身勝手な光を追うのは何故


大人になった 大人になってしまったみたいだ
左様なら 日々の中で揺蕩う 風にでもなりたい
心がいつか 飾りになって 安い空夢になる前に
今、募るこの想いを あなたへと伝えたい

夕凪に世界が身勝手に沈んでも
もう決して目を逸らしはしないだろう
輪郭は段々と曖昧に変わっていく
その様すら愛していたいんだ

大人になった 大人になってしまったみたいだ
左様なら 違う世界に交わる 雲にでもなりたい
明日がいつか 記憶になって 些細な言葉になる前に
今、募るこの想いを あなたへと伝えたいんだ



どんな形で
どんな言葉で
どんな明かりで照らせば